• instagram
  • Facebook
  • Twitter

  • Facebook
  • LINE

HYSTERIC GLAMOUR
“ALL NIGHT LONG”
IN PIGALLE,PARIS

パリの裏の顔、ピガールにて撮影を敢行!
ヒステリックグラマー2017-18AW!!

 

1984年、ファッションデザイナーの北村信彦が21歳の時にスタートさせたヒステリックグラマー。デニム、ミリタリー、ワーク、アウトドアを核とし、ロックミュージックやアート、ポルノ、グラフィティ等のポップカルチャーやサブカルチャーの要素を融合させたプレミアムなアメリカンカジュアルを提唱し続ける世界的ブランドである。その独特な世界観が色濃く表現されたグラフィックワーク、ヴィンテージピースに見られる古き良き仕様にリスペクトを払いながらも、テクノロジーを駆使した先進技術を採用し、素材から縫製、加工にまで息づく、ものづくりへの飽くなき探求心とクラフツマンシップ……。その美学(スタイル)は国境を超え、これまでに名だたるミュージシャンやアーティスト、ブランド等、多くのコラボレーションを通しても発表されきた。直近ではドクターマーチン、ナイキ SBに続き、シュプリームとのコラボレーションが話題をさらった。

 

THE CRAMPS×THEE HYSTERIC XXX  Riders Jacket ¥160,000  HYSTERIC GLAMOUR  Jacket ¥29,800  Bandana ¥1,800 (HYSTERIC GLAMOUR)

 

HYSTERIC GLAMOUR  Jacket ¥46,000  Knit ¥29,800  Hoodie ¥24,000  Pants ¥17,800  Socks ¥2,600  Sneakers ¥24,000  PORTER×HYSTERIC GLAMOUR  Bag ¥19,800 (HYSTERIC GLAMOUR)

 

かねてよりストリートウェアシーンにおいて、コラボレーションはもはや常識的なスタイルであるが、最近ではラグジュアリー、モードといったハイエンドブランドが様々なコラボレーションを仕掛ける時代となった。その背景には、ハイエンドブランドとストリートウェアやスポーツ、アウトドア、ミリタリーブランド等、流行的な融合のみならず、これまで人種、階級、様式、文化の違いから、決して交わらなかったヨーロッパとアメリカとの境界線が薄くなってきている事実が要因のひとつであるとも言える。ヨーロッパ生まれのハイエンドブランドのデザイナーやクリエイティブディレクターが、ヒップホップやスケートボードといったアメリカのストリートカルチャーの要素を吸収する一方で、アメリカ生まれのデザイナーやクリエイティブディレクター、そしてラッパー達は今、ヨーロッパの格式高い舞台で奮闘している。さらに現代のユース達はカテゴライズされた世界ではなく、音楽、カルチャー、アートにせよ、様々な分野から吸収しては消化する。もはや旧世代の間ではアンチであった〝ミックス〟することそのものが、流行でも何でもなくごく自然なスタイルであるとも言えよう。それほど現代は〝ボーダーレス〟な時代と言っても過言ではない。

 

HYSTERIC GLAMOUR  Jacket ¥49,800  Hoodie ¥22,000  T-Shirt ¥13,800  Muffler ¥12,800  Wallet Chain ¥7,800  THEE HYSTERIC XXX  Pants ¥32,000 (HYSTERIC GLAMOUR)

 

HYSTERIC GLAMOUR  Jacket ¥44,000  Sweat ¥22,000  T-Shirt ¥10,800  Pants ¥38,000  Belt ¥5,800  Necklace ¥22,000 (HYSTERIC GLAMOUR)

 

建築、芸術、服飾、飲食等、エレガントの代名詞にして美しい街パリ。その街の中心地と隣接するピガールは、パリ1番の歓楽街であると同時にパリの裏の顔としてドラッグ、売春等が蔓延る犯罪多発地区でもある。しかし、その浮かび上がるネオンが象徴的な街には、ストリートならではの音楽やアート、カルチャーの匂いとエナジーが溢れている。

『SWAG HOMMES』はアメリカンカジュアルを提唱し続けるヒステリックグラマーの撮影ロケ地として、ニューヨークでもハリウッドでもマイアミでもなく、パリのピガールという街をあえて選んだ。ヨーロッパとアメリカ、モードとストリートというような壁を超えて、キーワードは〝ミックス〟〝ボーダーレス〟そして〝ユース〟。新たな感性に満ちたヒステリックグラマーの2017-18年秋冬コレクション〝ALL NIGHT LONG〟、発売中の誌面の方もあわせてご覧いただきたい。

 

 

[Information]
HYSTERIC GLAMOUR 03-3478-8471
www.hystericglamour.jp

Photography_Yuji Watanabe 
Styling_Akira Maruyama 
Hair & Make-Up_Yuji Okuda 
Model_Anton Jensen
Edit & Text_Kentaro Okuzawa[SWAG HOMMES]