• instagram
  • Facebook
  • Twitter

  • Facebook
  • LINE

“LOUIS VUITTON
SQUARED”
CAPSULE COLLECTION

ヴァージル・アブローとNIGO®による
コラボレーションのヴィジュアルが解禁!

 

 

「ルイ・ヴィトン」メンズ アーティスティックディレクターのヴァージル・アブローとアーティストのNIGO®️によるカプセルコレクション「ルイ・ヴィトン LV スクエアード」が、20年秋冬プレコレクションの一部として発表された。

 

©︎ LOUIS VUITTON

 

長年にわたる2人の友情から生まれた本プロジェクトは、ヴァージルが「ヒューマンメイド」のファウンダーでもあるNIGO®️を誘うかたちで実現。60年代のロンドンで発生したモッズムーブメントを東京というレンズを通して解釈され、伝統的なテーラリング技術に焦点を当てると共に、ロンドンサブカルチャーの歴史に影響を受けたNIGO®️のキャリア創成期を呼び起こすかのような仕上がりとなっている。中でも背面に富士山モチーフと「ヒューマンメイド」に敬意を表した“LV MADE”のグラフィックが施されたフライトジャケットは、カプセルコレクションのテーマ“クロスポリネーション(異花受粉)”が鮮やかに体現されたアイテムである。

 

 

 

 

©︎ LOUIS VUITTON

 

クロップ丈のモッズスーツやマイクロチェックがライニングに施されたダブルフェイスのダッフルコートには、ダミエ・パターンのサイズを拡大 / 縮小して再解釈されたファブリック、コレクションを通して登場するパッチワークには、モノグラム・モチーフとデニムで表現されたダミエ・パターンとのコンビネーションが印象深く採用されている。

 

 

©︎ LOUIS VUITTON

 

アパレルアイテム以外のトートバッグやキーポル、財布等、「ルイ・ヴィトン」の定番レザーグッズにもパッチワークが繰り返し登場。NIGO®️の世界感溢れるアニマルチャームがコラボレーションを際立てているところにも着目したい。

 

 

 

©︎ LOUIS VUITTON

 

モッズ精神を足元から放つスティールトウキャップのダービー、モノグラム・キャンバスを用いたタッセル付きローファー、ダミエ・パターンはスエードのアンクルブーツやスポーティなハイキングブーツ、ミュール等にも採用され、随所で存在感を主張している。また、シアリングブーツにはオーバーサイズのダミエ・パターンおよびデニム素材を使用。トランククリップのディテールが施されたサングラス等、アクセサリー、シューズ、レザーグッズ、プレタポルテから構成される一度限りのフュージョンコラボレーションは、伝統に添いながらも非常に斬新な解釈を放っている。

 

 

[Information]
LOUIS VUITTON CLIENT SERVICE 
0120-00-1854
www.louisvuitton.com