• instagram
  • Facebook
  • Twitter

  • Facebook
  • LINE

FENDI
F IS FOR… PRESENTS
“MILLION MILES”

フェンディが発信する新世代プロジェクト。
イギリスの次世代ミュージシャンが登場!

 

 

イタリア・ローマを代表するラグジュアリーブランド「フェンディ」が、2017年に立ち上げたミレニアル世代によるミレニアル世代のためのデジタルプラットフォームF IS FOR...(エフ イズ フォー...)。数々の気鋭アーティスト、ダンサー、アスリート達がローマにあるフェンディ本社ビル「イタリア文明宮」の屋上にてパフォーマンスを披露してきたプロジェクトだ。2019年最初のプロジェクトとして、イギリスで次世代ロックスターと目されているバカルとジャック・ラヴァーによるライブパフォーマンスが発表された。

 

[L→R] Jack Laver, Bakar

 

2018年に発表されたミックステープ『BADKID(バッドキッド)』で一躍注目を集めたバカルは、ロンドン・カムデンタウン出身。アリーヤやフォールズ、ゴリラズ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ等を聴いて育ったバカルによるジャンルを超越したサウンドは、エルトン・ジョン、スケプタ、ヴァージル・アブローからも好意的なリアクションが寄せられている。

 

 

 

ジャック・ラヴァーはバカルと活動を共にするバンドメイトで、音楽活動以外にもモデルや版画制作等、多岐に渡る才能を発揮。「フェンディ」2019年春夏メンズコレクションでドレスアップした2人が「イタリア文明宮」の屋上で披露するのは、ポストロック的なボーダーレス感漂うナンバー「ミリオン マイルズ」だ。

 

 

バカルは「僕にとっては、エフ イズ フォー...フリーダム。音楽が僕を自由にしてくれるのを実感して、その次に、皆も自由にしてあげることが目的だった。若者達に、自分のやりたいことは何だってやっていいんだよ、と伝えたい。音楽は、間違いなく僕を自由な気持ちにしてくれるんだ!」と語り、ジャック・ラヴァーは「こうしてローマにいるということが驚きです。今回初めて訪れたけれどこの都市の歴史は計りしれない。とにかくインスピレーションばかりだよ!」と語っている。

 

 

[Information]
FENDI JAPAN    03-3514-6187
www.fisfor.fendi.com