• instagram
  • Facebook
  • Twitter

  • Facebook
  • LINE

DIESEL
RED TAG PROJECT
BY GLENN MARTENS

Y/プロジェクトのデザイナーを招聘した
“ディーゼル”レッドタグプロジェクト第2弾!

 

 

「ディーゼル」が、今年はじめに始動した“レッドタグプロジェクト”。世界的に人気があり大きな影響力を持つデザイナーを迎えて制作されたカプセルコレクションを、厳選した店舗を通じて独占的に販売する画期的なプラットフォームだ。「フッド・バイ・エアー」や「ヘルムート ラング」でお馴染みのデザイナー、シェーン・オリバーの第1弾に続き、今回は「Y/プロジェクト(Y/Project)」を手掛けているグレン・マーティスを第2弾デザイナーとして招聘し、ミラノメンズファッションウィーク期間中(6月16日)にプレゼンテーション形式で発表した。

 

 

 

グレン・マーティスは、アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後、ジャンポール・ゴルチェの元で経験を積んだベルギー出身のデザイナー。彼がクリエイティブディレクターを務める「Y/プロジェクト」は、パリコレで毎シーズン最新コレクションを発表しているパリのニューウェーブ代表格といわれている注目ブランドだ。様々な歴史とサブカルチャーを着想源に、独創性溢れるシルエットや素材使いに定評があり、2016年にはファッション界の登竜門“LVMH Young Designers Prize”のファイナリストに選出されたほどである。

 

 

 

 

本カプセルコレクションについてマーティスは、「ディーゼル」のブランドメッセージ『Go With The Flaw(完璧ではないからこそ魅力がある)』をベースに、着る人が自分流に着こなすことが出来る“不完全”がいっぱいのコレクションを創作したという。

 

 

スラウチトラウザーズ、歪んだブレザー、ボリュームのあるシアリングジェケット等に、「ディーゼル」を象徴するデニムを組み合わせて遊び心を演出したスタイリングの数々。デニムのパイオニア的存在として不動のポジションを誇る「ディーゼル」に、フォーマルとストリートの組み合わせを得意とするマーティスのビジョンを投影したクリエイションとなっている。

 

 

[Information]
www.diesel.co.jp