• instagram
  • Facebook
  • Twitter

  • Facebook
  • LINE

BOTTEGA VENETA
2018 SS CAMPAIGN MOVIE
“REFLECTIONS”
5TH AND 6TH

「ボッテガ・ヴェネタ」2018春夏シーズン。
全6作からなるキャンペーンムービー最終章!

 

 

ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブディレクター、トーマス・マイヤーの指揮のもと、2001年よりスタートした“アート・オブ・コラボレーション”。アーティスト達との関わりに光を当てた作品を生み出し、多くの話題を呼んできたこのプロジェクトの中で、2018年春夏シーズンの広告キャンペーンとして映像作品「リフレクションズ」を発表。ボッテガ・ヴェネタのデザインの核である「ミステリー」「洗練」「建築」「センシュアリティ」「シュールレアリスム」をテーマに生み出された全6作品の中で未発表となっていた待望の第5作品「Aurora」と第6作品「Vertigo」が公開となった。

「Aurora(オーロラ)」は、小さな町の誰もいない暗い通りに突然現れた、白い光があふれる空虚な部屋に足を踏み入れ消えていく女性を描いた物語。明るい光は、明るい未来を示し、暗さの中にある明るさが描かれている。

 

 

リズムと動きが脈打つ「Vertigo(めまい)」は、レーザーとネオンのライトによるエレクトリックファンタジーを演出することで、観る人を想像の世界へ誘う、自分自身を見失っていくようなストーリー。

 

 

制作のディレクションはラグジュアリーファッション界に偉大な功績を残してきたクリエイティブディレクターのファビアン・バロン、撮影監督はアカデミー賞を受賞したフィリップ・ル・スール、舞台セットデザイナーは数々のファッションショーの演出を手掛けてきたステファン・ベックマン、オリジナルサウンドトラックの作曲はレコードプロデューサー/作曲家のジョニー・ジュエルと、多彩なクリエイターによりトーマス・マイヤーのヴィジョンが具現化されている。これまでに本サイトからも配信してきた個性豊かでシネマチックなアンソロジーシリーズ「リフレクションズ」の第1作品「Miraggio」、第2作品「196.6MHz」第3作品「Utopia」、第4作品「Rebirth」と合わせてチェックしていただきたい。

 

 

[Information]
BOTTEGA VENETA JAPAN 0120-60-1966
www.bottegaveneta.com

Photography_Courtesy of Bottega Veneta